シミの治療について。

オリジナル見出し01

一旦できてしまったシミを元の状態に戻すのは、なかなか困難なものです。



地道にスキンケアを続けているうちに薄く改善されてくることもありますが、非常に時間がかかるうえに間違ったセルフケアをしていると、ますます症状を悪化させてしまうことになりかねないので、本気で治したいの病院やクリニックの皮膚科で治療を受けることをおすすめします。



病院での治療法としては、内服薬のほか、外用薬、ケミカルピーリング、レーザー治療などがあり、それらは単体で行うこともありますが、組み合わせることで相乗効果でシミにたいへん効果が期待できます。



外用薬ハイドロキノンやトレチノレン、トラネキサム酸などでメラニンの合成を防ぎ、美白成分でシミを漂泊するので治療を続けていくうちに目立ちにくくなってきます。



併せてビタミンC誘導体やL-システイン、トラネキサム酸、ビタミンEの内服薬を使用するとより効果的です。



医療用レーザーの照射もたいへん効果が高く、ピンポイントでシミを攻撃するので照射後は次第に薄くなっていきます。



フルーツ酸などを利用して古い角質や表皮を溶かして剥がすケミカルピーリングは、肌のターンオーバーを強制的に促進することにより肌を再生させるので、肌のくすみがとれニキビ痕の色素沈着などにとても有効です。



一口にシミといっても、老人性(日光性)色素班、肝斑(かんぱん)、雀卵班(じゃくらんはん)、炎症性色素沈着といった種類がありそれぞれに原因があるので、病院では種類にあわせて効果のある治療方法を選んでもらえるのたいへんで安心ですよ。



関連リンク

  • タイトル21

    ダイエットでは無理な食事制限により進める人がいますが、基本的にはカロリーコントロールを行いながら運動をしていくのがポイントになります。摂取カロリーを抑えるだけでも痩せることは可能ですが、食事制限をやめてしまうとそのままでは元の状態に戻ってしまいます。...

  • タイトル22

    シミを改善するためには治療の前に色素沈着の種類を見極める事が必要です。同じように見えても日焼けなどによるシミと肝斑、老人性色素斑などがあり、間違った治療をするとかえって濃くなってしまう場合があります。...